京都の中坊進二も愛用している布団

img_01

布団はぐっすり寝るためにも、疲れを癒すためにも重要なものです。
布団のよしあしは、
ぐっすり寝ることにおいても疲れを癒すことにおいても関わってきます。

京都の中坊進二は以前、同じ布団で寝ていても全然疲れが取れなかったそうです。
最初は仕事が忙しいからかと思っていたようですが、
休みの日になっても疲れがイマイチ取れませんでした。
友人に相談したところ、「寝具を変えてみては?」とアドバイスを貰い、
その際に中坊進二は京都西川の布団を購入して使い始めました。

京都の中坊進二曰く、起きた時の調子の良さが全然違うそうです。
布団一つでそこまで変わるとは、夢にも思っていなかったそうです。
それから中坊進二は京都西川の寝具を使うようになりました。
お陰で今ではぐっすり眠れる上、翌日も快調だそうです。
それ以来、寝具には力を入れるようになりました。
敷布団やかけ布団、枕も自分にぴったり合うの物を選んで使っています。

寝具は寝るだけのもというイメージがありました。
ほつれたりすれば新しいものを買うことはありますが、
より快眠できるようになるために高い寝具を買ったことは無いですね。
京都の中坊進二の話を聞いて、布団に対するイメージがだいぶ変わりました。
ぐっすり眠り、疲れを癒すためにもいい布団は大事なんですね。
最近どうにも疲れが取れないので、
京都の中坊進二も愛用している布団の購入を考えてみようと思います。
いい布団で疲れを癒し、仕事もプライベートも充実させたいです。