京都の中坊進二さんも納得の着物で散歩

img_01

街並みが綺麗なのが京都です。
名所だけでなく、
ただ歩いていても見て楽しい街でもあります。
京都の中坊進二さんは、
より街を歩くのが楽しくなる方法があるそうです。
それが着物を着ての散歩です。
街並みに加えて自分も着物を着ることで、より京都を感じられるそうです。
京都の中坊進二さんも時々着物を着て散歩をしているそうです。

京都の中坊進二さんは、
観光で来た方にはレンタル着物を利用するのがお勧めだそうです。
着物を持ってこなくても、
レンタルすることで味わえる便利なサービスです。
京都にはここ数年で着物レンタルが出来るお店が増えているそうです。
それらを利用することで、
普段の服装から着物に着替えるだけで気分がアップします。
背筋がぴんとなり、街並みに合わせて仕草も自然に上品なものになるそうです。
そういった非日常感が味わえるからおすすめなんだそうです。

京都を着物で歩く際にお勧めなのが、京都きものパスポートだそうです。
このパスポートを持ち着物を着ることで、甘味処やカフェ、
お土産屋さんなど約450軒で割引や優待サービスなどの特典が受けられます。
着物を着るだけでお得な旅が出来るので、京都の中坊進二さんもお勧めです。

レンタルならば気軽に着物が着れます。
京都の街並みに合わせて着物を着ることで、
非日常感と普段と違った新たな京都の魅力を知ることが出来るそうです。
京都に初めて訪れる方、何度も訪れている方におすすめの旅行プランだそうです。
普段の服から着物に着替えて京都を歩き回るのは楽しそうですね。
さすが京都の中坊進二さんのプランです。



ニュージーランドカフェの料理が気になる中坊進二

img_01

お店の名前は誰が見ても
分かりやすいものでないといけないと中坊進二は考えます。
店舗名はともかく、種別は誰にとっても分かるようにしないと、
業者(観光案内所など)はとても困ってしまいます。
例えば、「地学カフェ」というのがあります。
この名前だけ聞くと、
誰もが「地学」をテーマにした喫茶店だと思うでしょう。
中坊進二も最初はそう思っていました。
しかしその実態はただの勉強会です。
逆に「仏壇カフェ」というのもありますが、こちらは喫茶店です。
線香の香りがする空間でコーヒーを飲みます。
日本茶ではなくコーヒーというのがポイントです。

さて、赤坂にニュージーランドカフェというのが登場しました。
こちらは誰がみても分かりやすいように、
そのまま「ニュージーランドのコーヒーや料理を出す喫茶店」になります。
ニュージーランド風のコーヒーも当然ありますよ。
もうひとつの特徴として、ニュージーランド産のハチミツを使っています。
現地の言葉で「マヌカハニー」と言うそうです。
ハチミツ入りのラテはかなり人気のようです。
ニュージーランドのパイは中坊進二、とても気になります。

物理的距離が離れすぎていますので、
日本人はニュージーランドの料理や文化や歴史を全くと言っていいほど
知らないかもしれません。
知っているのはラグビーが強いくらいでしょうか。
あと、ロード・オブ・ザ・リングの撮影舞台とか。
そしてニュージーランドの料理ですが、
アメリカ同様にイギリスの食文化の影響を強く受けています。

ただし、ニュージーランドはイギリスと違って作物が豊富にあるため、
「イギリス料理はマズイ」なんてことは無いと、
中坊進二は聞いたことがあります。
でも留学生の多くが「やはり日本食が良い・・・」と口を揃えていますので、
「今まで育ってきた食文化って大事なんだな~~」と中坊進二は感じています。
留学する際は、炊飯器と米は必須でしょう。あと味噌と醤油。
ニュージーランドの料理が気になる方は、このカフェに行きませんか?